0316│大石神社

Top > Old Tale > 0316│大石神社

ソース場所:山梨市西2067 大石神社

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 2015年09月11日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

大石大明神
村の西北の山中にあり村社である。社中の御影石は高さ四丈二尺、廻り三十七間余、形が全く首鎧に似ている。その他烏帽子石・屏風石・影向石・産屋石・百足石・胎内石・冨石・尾笠石・甲石・八畳石・石廠など何れも稀に見る大石・巨岩で、神社の名も、村の名(岩手)もこれから起ったものであろう。神宝には拳石と剣とがある。 (東山梨郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山梨市八景・大石山の奇岩群

大石山には大山祗命をまつる大石神社がある。境内の大きな御影石(花崗岩)は御神体で、高さが十二メートル、まわりが六十七メートルあって、本県随一と言われる。

烏帽子石、屏風石、影向石、産屋石、浮舟石、百足石、指門石、甲石など、全山の奇岩群は目を見張るものばかりで、まさに自然美の極致といえよう。

この地には古くから「岩手八景」として、岩松晴風、大石夜雨、信盛晩鐘、笛川漁火、中村夕照、唐沢落雁、妙見秋月、物見暮雪が選定され、この八景や奇岩群を訪れる文人墨客、観光客などが跡を絶たない。

陽春のころ、大石山の松の緑と紅のつつじの織りなす色彩のコントラスト(対照)もまことに見事である。また、このころ大石神社の祭りが行われ神楽も奉納される。大石山はまた、市内外の園児、小学生、家族たちが遠足や散策におとずれている。  (境内説明板より)

 

民家からさほど遠くない場所にある、圧倒的な巨岩群をみると、ここに神の存在を感じた人々の気持ちがわかるように思います。写真では伝わりきらないと思います。是非、足を運んでみてはどうでしょうか。

このデザインソースに関連する場所


山梨市西2067
ページトップ