ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

物語

Old Tale

#1189

怪力 伊東浮鼎

ソース場所:笛吹市一宮町本都塚117 浄泉寺


●ソース元 :・ 近藤林右衛門・編集兼発行人(大正十四年八月二十五日 発行) 「一宮村勢一班(大正13年8月現在)」  山梨県東八代郡一宮村・出版
・ 甲斐志料集成3(昭和7-10年)  甲斐志料刊行会 編   (裏見寒話 写本六巻五冊 野田成方) 
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2018年03月19日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要] 笛吹市一宮町の浄泉寺には昔、怪力でかつ健脚で知られた住職がいたという。その怪力さは常人では考えられないほどだったと言い、大水で流れた橋を一人で直したとか、鉄の火箸で縄を綯ったりと驚くような怪力だったと伝わる。

怪力 伊東浮鼎 (「一宮村勢一班」第十六章 人物 より)
浮鼎は 本都塚 浄泉寺の住職にして名を 秀山 と云ふ。幼にして膂力あり長じて益々強く、竹を抜き 吊鐘をおろし ひじろの火箸を綯ふ 等 人をして驚畏せしむ。
且つ健脚にして 一日能く四十里を歩せしこと甲斐国誌に載れるが如し 又 假山泉石の配置に妙を得 恵林寺の假山[築山のこと]に 浮鼎の据えたる石ありと云ふ。
居常 門弟に筆道を教授し 病者あれば往て治す 手写の経巻手本 等 今尚 同寺にほぞんせり。

近藤林右衛門・編集兼発行人(大正十四年八月二十五日 発行) 「一宮村勢一班(大正13年8月現在)」 山梨県東八代郡一宮村 出版
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この人物は大変有名だったようで、江戸時代中期に書かれた「裏見寒話」にも記載されている。
故人近来鳴世
〇普 庭    都塚村 一向宗 常仙寺の住職。 力持ちで有名。  一昼夜で江戸まで行ってしまう。
とある。

このデザインソースに関連する場所

笛吹市一宮町本都塚117 浄泉寺

Old Tale
Archives

物語

山梨各地に伝わる昔話や伝説、言い伝えを収録しています。昔話等の舞台となった地域や場所、物品が特定できたものは取材によって現在の状態を撮影し、その画像も紹介しています。