1554│外良寺[ウイロウジ]薬縁起

Top > Old Tale > 1554│外良寺[ウイロウジ]薬縁起

ソース場所:外良寺 早川町奈良田

●ソース元 :・ 「早川のいいつたえ」第三集  著者:三井啓心  出版社:㈱上田印刷  
●画像撮影  : 年月日
●データ公開 : 2020年08月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

奈良田のいいつたえ
『 外良寺 [ウイロウジ] 薬縁起 [クスリエンギ] 』

名古屋で、「ういろう」といえば、「ああ、蒸した菓子か。」といいます。また「薬籠[ヤクロウ]」などから、薬にも関係があります。奈良田の「外良寺 [ウイロウジ]」を、たいていの人は「がいりょう寺」と読み、これを「ういろう寺」と読める人は、まず、いません。
さて、奈良田には、孝謙女帝[コウケンジョテイ]が仮宮をたてて、御遷居[ゴセンキョ]されたという、伝説が古くから、ありましたが、いずれも、口伝だけでした。文書にして残したのは、外良寺に、文才にすぐれたお上人がいて「外良寺略縁起」を発刊したのがはじめです。ただし、いつ発刊されたのかは、わからないのが残念です。
それによれば、孝謙帝が、奈良田に遷居したわけや、夢枕に立った応神天皇らしきひとに、薬の作り方を教えられ、その秘伝を土地の党士に、「外良 [ウイロウ]」と名づけて、与えたとあります。
しかし、焼畑などで生活する百姓衆に、こうした秘伝を正しく伝えることは、無理です。そこで、万寿元年に、寺を建立して、知識のあるお上人に、薬を作らせるようにしたのが、「外良寺 [ウイロウジ]」のはじまりです。この薬、薬草を混ぜたあめで、今でいう痰切りあめのようなものです。でも、長い間に、その薬法が失われ、薬が作れなくなってしまいましたが、そのうちに、党士の深沢孫左衛門の家の古文書の中に、薬法が見つかり、再び薬を作ることが出来たということです。
もっとも、この薬法、今は、小田原の方に権利を売ってしまって、もうありません。その後、後住の、志村孝学[コウガク]上人が、「更訂[コウテイ]孝謙天皇御遷居[コウケンテンノウゴセンキョ]縁起鈔[エンギショウ]」を明治二十四年に、発刊し、物語をいっそう面白くしました。
この外良寺。元は真言宗ですが、途中で日蓮宗に変わっています。
また、奈良田ダムができた時、現在の場所に移され、常住のお上人さんはいませんが、庭には、昔の奈良田住居が保存され、観光客の無料駐車場にもなって、観光に一役買っています。

「昔は、「ういろう」で、がいほう[たいへん]、もうけとうげのうに[もうけたということだよ]。」

このデザインソースに関連する場所


早川町奈良田
ページトップ