1555│黄金長者[コガネチョウジャ]

Top > Old Tale > 1555│黄金長者[コガネチョウジャ]

ソース場所:笛吹市八代町北1466

●ソース元 :・ 「読みがたり 山梨のむかし話」 山梨国語教育研究会 : 編    株式会社 日本標準 : 発行
       ・ 現地説明板
●画像撮影  : 年月日
●データ公開 : 2020年08月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

黄金長者[コガネチョウジャ]
むかあし、ここいらへんに、ひとが「黄金長者」って言ってとう[言っている]、えれえおでえじんが住まって[住んで]いとうだと[いたんだと]。なかなかの風流もんで、春にゃ花、秋にゃあ月をながめちゃあ[ては]、和歌なんか作って暮らしてとうだ[いた]と。いいおやしきだっとう[だった]から、広い庭にあっとう橋は、「月見橋」って名づけとうを、あとのし[人]まで、「月見橋」、「月見橋」っていっとうだっちゅうよ。ほかにも、「お姫さんの井戸」っちゅうなめえ[名前]の井戸ものこってるだよ。

このおでえじんがなあ、でえぶ年を取ってから、孫子のでえ[代]まで黄金をのこしといてやらず[やろう]と考えとうだと。ほんで、いろいろ考えたあと、金地蔵[キンジゾウ]さんのからだへかくしておくことにしとうだと。金地蔵さんのからだへいっぺい[たくさん]黄金をつめてから、そのおでえじんはどうやってありかを知らせっかと思案しただと。とうとううまいことがうかんで、金地蔵さんの背中へ「富士三里有金」ってほっといとうだと。そりょう[それを]、おやしきにあっとう小塚の上へ、東を向けておいとうだと。この塚は、今でもあって、今は、馬頭さんや、御地蔵さんがまつってあるだよ。

金地蔵さんを置いてっからええかげんたってなあ、この塚のとこを通りかかった六部が、この地蔵さんを見つけて、背中にほった六字のわけ[意味]をといちまっとうさ。ほうして、うまうま金をめっけた六部は、金地蔵さんをおぶって、富士川河原まで来とうだと。そこで黄金をみんなつかみ出して、金地蔵さんをそけへおっぽって[放り出して]、姿あぶっくらまし[姿を隠した]とうだと。

金地蔵さんがとられてっから、そのおでえじんは、じょうぶ[すっかり]落ちぶれちまっとう[落ちぶれてしまった]だと。金地蔵さんがどうなっとうか、土地のもんは、知らなんでいとうが、ええかん[かなり]たって、興津の清見寺にあるっちゅうこんを聞いたこんがあるだよ。

「富士三里有金」っちゅうことのわけかえ。そりゃあなあ、富士山はどこにある?ほうさ南の方にあるら。三里っちゅうは、足のひざがしらの下の外側のくぼんだとこのこんだよ。ふんだから、地蔵さんの南っ側の足のひざのくぼみに金があっとうだよ。わかったけ。

注  * 六部=人々からお金をもらいながら全国をめぐり、寺まいりなどをする人。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

史跡 金地蔵[カナジゾウ]と黄金[コガネ]長者伝説

昔、このあたりに黄金長者と呼ばれる長者が住んでいた。村の人達の面倒見もよく、花鳥風月を楽しむ風流者で、街道にかかる橋の上でいつも月見の宴を催し、月を詠じ歓をつくしたので、この橋を月見橋と呼ぶようになったと『国志古蹟部』に書かれている。
その場所は、塩田街道と若彦路の交わる辻で、中馬や旅人が大勢通る処であった。ある時、長者は旅人の安全を願って辻の小塚上に立派な地蔵を建立、その背中に「不二三里有金」と刻んだ。
像は、旅の厄除け地蔵として旅人のお詣りも多く、長者も「よい事をした」と喜んだ。何年かたったのち、旅の六部(行脚僧)が、像の背中の六文字を不思議に思い「それは右足に金が有ることだ」となぞ解きをして、その金を盗もうと像を背負って夜明けに富士川の河原まで行き、像の右足を壊して、金をとりだして姿を消した。
打ち捨てられた像は、拾われて興津の清見寺に納められたというが、像を失った長者の家は、姫が井戸に身を投げ、自殺するなど不幸が続き、滅びたという。
この悲話を知った村人は、小塚の場所を金地蔵と名付け、石像を建立、馬方衆も馬頭観音像を建立し、供養祭りをした。この祭り、観音祭りとして今も地域の人々を中心に続いている。

・  昭和六十三年三月三十日
・                  若彦路の里保全活用推進協議会
・                  八代町北 金地蔵保存会        (現地説明板より)

このデザインソースに関連する場所


笛吹市八代町北1466
ページトップ