ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

物語

Old Tale

#1293

弘法奇跡② ミズの木

ソース場所:都留市大野字菅野 瑞乃木神社 水の木[市指定天然記念物]


●ソース元 :・ 内藤恭義(平成3年)「郡内の民話」 なまよみ出版
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年12月14日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要] 弘法大師が昔、桂谷の村々を布教し終え、菅野川沿いに道志へ向かう時、仏教に帰依した大勢の人々が、大師様との別れを惜しみ、菅野まで見送りに付いてきた。そして、いよいよ急な山道になると云う所で、お別れする事となり、村人たちは大師様にお弁当を差し出した。しかし、うかつにも箸を入れ忘れていたので、大師様は詫びる村人たちに木の枝で済むことだと云い、近くの桂の木の枝で弁当を遣った。大師様は食事を済ますと、この箸も生き物だと土に挿し、瓢の水を注いだ。すると、桂の枝はぐんぐん育ち、その根元からは涸れない水が湧き出し、地域の人々を助けたと云う。

弘法奇跡(二) ミズの木
与縄で朝日川の水をからしてしまった話は、桂谷の村々にたちまち知れわたった。
弘法さまは人間の生き方を例に、心の正しさ、美しさ、広さなどの大切さを説き、仏の偉大さ、仏教の尊厳さを説いて回った。人の心を打つお話をされるばかりでなく、病に苦しむ人の話を聞けば、行ってお祈りをしてやり、多くの病人を救った。そんなわけで人々は、弘法さまのお話を聞くようになり、仏教に帰依していった。
弘法さまは桂谷の布教を終わり、菅野川沿いに道志の方へ旅を続けられた。大勢の信者が見送りについて来たが、菅野をはずれていよいよ急な山道になるというところで、お別れすることとなった。
「ここで一休みし、お弁当を召し上がってからお登り下さい」と村人たちはすすめ、みんなで休んだ。弘法さまが弁当を開いてみると、箸が入っていなかった。うかつをわびる村人に「なんの、なんの、木の枝ですむことだ」と弘法さまは言われ、そばにあったカツラの木の枝を切って箸にして弁当を食べられた。
食べ終わると、弘法さまは「この枝も生きものじゃ、再び地に生えて、命をつなぐように」と言われ、地面に箸に使った木の枝を差し、残ったふくべの水をそそいだ。そして「大変お世話になった。見送りまでしてくれたお礼に、この村には水が絶えることのないように木の枝を挿しました」と言われた。見ると枝を挿した根元からは、水が浸み出していた。
木は見事に根づき、すくすくと育った。あまりにも生長が速いので、「きょうは何寸伸びた」と、たよりの少ない村人の話題になった。木は途中から枝分かれして、さながら森のようになり、山から下りるときの道標となった。木の根元からは絶えず水がわき出し、そこから上の沢水が涸れることがあっても、村人たちを困らせることはなかった。
村人はこの木を「ミズの木」と呼びこの川の水を「ふくべ水」と呼んで、弘法さまの徳を今に伝えている。ミズの木は樹勢隆々として、千年を超える歴史を秘めながら、今も菅野の村々を見おろしている。

内藤恭義(平成3年)「郡内の民話」 なまよみ出版

このデザインソースに関連する場所

都留市大野 瑞乃木神社

Old Tale
Archives

物語

山梨各地に伝わる昔話や伝説、言い伝えを収録しています。昔話等の舞台となった地域や場所、物品が特定できたものは取材によって現在の状態を撮影し、その画像も紹介しています。