ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

物語

Old Tale

#0315

銭神山 通宝寺

ソース場所:山梨市市川1660-1 通宝寺


●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 2015年09月11日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要] 山梨市の通宝寺に伝わるお話。毎日毎日一銭づつ銭を運ぶ白雀がいた。ある日、住職が「一銭づつ運んでもらうのは面倒だから、まとめて運ぶ方法がないのか?」と白雀に問うと、翌日から白雀は銭を運んでこなくなりました。

銭かめ石(山梨市牧丘町牧平)
高さ四丈程の岩で、岩の上には松の古木が二本あり、昔ここに銭を埋めた由で、銭瓶石[ゼニカメイシ]という。先年一羽の白雀がこの銭を毎日一銭ずつくわえて、八幡村市河の通宝寺へ運んだ。寺の住職雀に向かって、一銭ずつ運んで貰うのは面倒だから、一度に沢山運ぶ法はないかというと、その翌日から白雀は銭を運ぶのを中止した。それで今迄富貴にしていた通宝寺は、殊のほか貧乏寺になってしまったという。 (甲陽随筆。甲州噺)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

むかし狐がお金を運んできたとの言い伝えもあり、その狐の骨が残っているとの話もあるようです。寺紋が寛永通宝なのがいかにも銭神山らしいと思いました。

このデザインソースに関連する場所

山梨市市川1660-1

Old Tale
Archives

物語

山梨各地に伝わる昔話や伝説、言い伝えを収録しています。昔話等の舞台となった地域や場所、物品が特定できたものは取材によって現在の状態を撮影し、その画像も紹介しています。