1160│弘法水

Top > Old Tale > 1160│弘法水

ソース場所:北杜市高根町清里 大門ダム近く

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会    
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年01月05日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

弘法水    北巨摩郡安都玉村長沢
昔、弘法大師が念場ガ原を通ったとき、三里の間水が無いため、旅人の難儀を憐れんで、持っていた杖で地をついたら忽ち清水が湧きだした。この弘法水は味噌を醸造するのに特に適していたので、今から百年ばかり前、甲府の「たくま」という味噌屋が、味噌を造るのにこの水を用い、毎日十数頭の馬に弘法水を運ばせた。この水を入れると味噌の味が良くなって たくま は繁盛し、お礼に清水の傍に弘法大師の石像を刻んで建立した。今も近郷の村人は、味噌煮が始まるとこの弘法水を汲みに来るし、又この石像は百日咳に効き目があるといって、この石像をさすりに来るものが多い。 (口碑伝説集)
土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


35.876715,138.432383
ページトップ