1170│瓔珞つつじ

Top > Old Tale > 1170│瓔珞つつじ

ソース場所:南巨摩郡南部町上佐野

●ソース元 :・ 山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」    
       ・ 土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社    
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年01月05日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

kamakurajidai [概要]

瓔珞つつじと天子岳
昔々、富士の裾野に松五郎という人が住んでいて、毎日炭を焼くのが仕事でした。
松五郎の炭を焼く煙は、風のない日は富士山より高く見えるほどに立ちのぼって、それは遠い京の都からも眺められたといいます。そこで都の人びとはこれを見て、なんと不思議な煙だろうといっていました。
天子様も不思議に思って、占い師に占ってもらったところ「あれは皇女様の婿様になられる方が立てている煙だ」といいました。
そこで皇女様はよろこんで、はるばるその不思議な煙を目当てに、富士の裾野までやってきて、やっとのことでこの地にたどりつきました。美男子で気品のある松五郎に逢った皇女様は一目で気に入り、間もなく二人はめでたく契りを結びました。以来二人は仲睦まじく数十年をこの地で暮しました。
ところが、ふとしたことから皇女様は重い病にかかり、松五郎の命がけの看病のかいもなく、日増しに悪くなるばかりでした。
ある日のこと、皇女様は松五郎を自分の枕元に呼んで「もし私か死んだら、この冠を都の見える山の頂に埋めてくれるように」と、涙ながらに頼みました。それから七日目、ついに皇女様は亡くなってしまいました。悲しみにくれた松五郎は、そのりっぱな瓔珞の冠を、遺言のとおり高い山に埋めました。その山が今の天子岳です。
その翌年の春、不思議なことに冠を埋めたところにつつじが生えて、数年後には美しい花を咲かせましたが、その花が皇女様の瓔珞に似ているので、これを瓔珞つつじと呼ぶようになったと言い伝えられました。
ところがまたひとつ不思議なことが起こりました。それは、このつつじの枝を折ると、必ず雨が降るということです。この附近の人たちは、日照り続きで困っているときは、天子岳に登って瓔珞つつじを折って雨を降らし、農作物が枯れるのを救ったといわれ、それは最近まで行われていたといいます。
空高くそびえている天子岳の頂上には、皇女様を祀った祠があり、左右の大つつじは、今もなお美しい花を咲かせています。            (南部町)
山梨県連合婦人会 編集・発行(平成元年)「ふるさとやまなしの民話」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

炭焼長者
昔、京都の天子様のお姫様が、正月二日の初夢に、奥山から小判がなりさがった所を見た。明日の朝目が覚めてからお姫様は、昨夜夢に見た山奥を尋ねてだんだん行くうちに、とうとう富士の麓の猪ノ頭までやって来た。猪ノ頭の山奥へはいって行くと炭焼小屋が一つあって、真っ黒い顔をした炭焼藤二郎が、その爐に四つぱいりしてあたっていた。小屋の入り口に吊ってある筵をまくってお姫様が、「今夜ァ俺オ泊めてくりょオ]と言うと、藤二郎はびっくりして、「お前さんのような立派の人を、泊めたくても米もない、布団もない」と言った。
「そんじゃア、これで買って来てくりょオ」と言ってお姫様が小判を一つ取出いてやると、藤二郎はそれを持って下の村まで買いに行ったが、その途中に鶴が遊んでいたから、藤二郎は持っていた小判を鶴にぶっつけて、手ぶらで炭焼小屋へ帰ってきた。待ちかねていたお姫様が「どうだえ、米オ買ってきたかえ」と聞くと、藤二郎は「いんにゃ(否)米ア買っちゃア来ぬ。お前から預かったものは鶴にぶっつけて来とオ」と答えた。お姫様は驚いて「まァもったいない。あれァ小判と言って、何でも物ン買えるお宝どオに、やたら鶴なんかにぶっつけて来ちゃア困る」と言うと、藤二郎が「あれン小判ちうものか、あんなもんじゃア山イ行けば、俺ン炭竈のまわりに浚い寄せるほどあらア」と言った。お姫様は「そんじゃア明日ァ、俺オもそこイ連れて行ってくりょオ」と言って、明日の朝藤二郎といっしょに山の炭竈の所へいった。
見るとなるほど炭竈のまわりには小判小粒がいっぱいある。お姫様は藤二郎と二人で、その小判小粒を箕へ浚っては俵に詰め、箕へ浚っては俵に詰めして、その俵をまた馬につけて、しゃんしゃんと幾駄も幾駄も運んだ。そうして小判を掘り出しているうちに、炭竈のうちから福槌が一つ出てきてそれをも拾ったが、それは叩けば何でも望みどおりのものが出ると言うお宝物である。あんまり一生懸命に働いて、お姫様は喉が渇いてきたから、「俺ァ水ゥのみたいけれ、この辺に水アないか]と聞くと、藤二郎が「この奥にいつも俺ン飲む水がある」と教いてくれた。
教わったとおりに炭竈の置くの岩の所へ行くと、キレイな清水が涌いている。お姫様がその水を一口すくって飲んでみると、何たらそれは諸白の酒に飲める。お姫様は驚いて藤二郎をも呼ばァって来て、その酒を樽に詰めて、やはり馬につけて幾駄も積み出いた。そうして小判の俵を積み重ね、酒も売り出してエライ長者になったが、どうも家が狭くていけぬから、お宝物の福槌を取出いて「家出ろ、家出ろ」と言って叩くと、たちまちどこの御殿かと思うような立派な家が出て来た。今度はお蔵が欲しいと思って「コメクラ出ろ、コメクラ出ろ」といって福槌を叩くと、米のお蔵が出る代わりに、小さい盲がいっぱい出て来た。それで次には、「お米のお蔵出ろ、お米のお蔵出ろ」と言って福槌を叩くと、今度は本当に立派な米蔵が出て来た。けれども小盲の始末には困って、仕方がないから池を掘り、その池の中へ小盲をみんな入れてしまった。
そうして藤二郎夫婦は大した長者になって一生安楽に暮らしたが、やがてお姫様が死ぬと、猪ノ頭の奥の天子ヶ岳の尾根にその死骸を葬った。そこへ石の祠を建てて姫の墓とし、姫が京都から持ってきた瓔珞をその傍へ置くと、それが一株の瓔珞つつじとなって今も繁っているが、その枝を折れば暴風雨が吹いて荒れるという。また猪ノ頭には今も長者屋敷の跡があり、小盲を入れた池も残っているが、今でもその池にはめっきイ(片目)の鰻がたくさんいて、岸の柳の木にのし上がるということである。

(昭和十七年三月十日 土橋よしの婆様[六十八歳])

土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このデザインソースに関連する場所


南巨摩郡南部町上佐野 天子ヶ岳
ページトップ