1244│二羽がらす

Top > Old Tale > 1244│二羽がらす

ソース場所:早川町奈良田

●ソース元 :・ 土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社
●画像撮影  : 2016年06月21日
●データ公開 : 2017年10月19日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要]

二羽がらす
昔、奈良王様がおいでになった頃の奈良田には、烏がきりもなく(たくさん)いて、近くの畑や、山の焼畑の穀物でも、野菜でもみんな食べ荒らしてしまうので、村の人たちは大へん困っていた。
奈良王様は、村の衆が可哀そうだと思って、谷間中の烏を集めて、「これっからは、人間の作っているものを食うじゃないぞ。食っとォ烏は、この谷間へはおかのーが(おかないが)良いか」と言って、きつく言いつけた。
それから七日たって、奈良王様はまた烏をみんな呼び集めて、今度は烏の腹の中を調べてみた。すると、その中の二羽だけはエビ(山葡萄)を食べていたが、そのほかの烏はみんな、人間の作った粟を食べていたことが分かった。奈良王様は大変くやしがって、「あれほど言っとォに、何ちゅうことをするどォ。エビを食ってとォ二羽の夫婦だけは、八幡様の森にいても良いが、ほかの烏はここへおくわけにゃァ行かのーで(行かぬから)、急いで他国さいかで(行ってくれ)」と言って、二羽よりほかの烏どもを、みんな追い出してしまった。
それで奈良田には、今でも本当に烏は二羽だけしかいないのだそうだ。これが、奈良田七不思議のうちの「二羽がらす」のいわれだという。
(南巨摩郡早川町奈良田 深沢正志様)

土橋里木(1975年)全國昔話資料集成16甲州昔話集 岩崎美術社

このデザインソースに関連する場所


早川町奈良田
ページトップ