1538│蓙[ござ]八幡

Top > Old Tale > 1538│蓙[ござ]八幡

ソース場所:山梨市北654 大井俣窪八幡神社

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2018年09月11日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

蓙[ござ]八幡
窪八幡のことをいう。三月と八月の十五日に祭礼があり、三月は応神天皇崩御の御葬送の楽を奏するが故に、敢えて清浄をしないが、八月は甚だ不浄を忌む。この村の者は八月に入って難治の病をすれば、祭礼の前に死ぬことを恐れて病者を山上に登らせ、小屋をかけてその中に入れておくという。 (裏見寒話)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
貞勧元年(859)、清和天皇の勅願により創建。山梨県では最古の八幡宮。
現在の社殿は室町時代に武田信虎によって再建されたもの。境内には多くの重要文化財(国指定)が並ぶ。

このデザインソースに関連する場所


山梨市北654 大井俣窪八幡神社
ページトップ