0327│金山千軒

Top > Old Tale > 0327│金山千軒

ソース場所:北杜市須玉町小尾金山

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会    
●画像撮影  : 2014年09月24日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要(金山千軒)]

本谷川の谷の奥の開けたところを金山といい、今は民家が二戸あるだけだが、昔は武田氏が甲金を鋳るために、数千人の人を送って金鉱を採掘させ、その人々の住家が繁昌し、金山千軒といった。今も廃坑の跡や、金鉱粉砕に用いた石臼が残っている。金鉱採掘の監督には武田の重臣があたり、小尾氏がその首位で、この地の領主として当村御門に住居を構えていたという。 (口碑伝説集)

出典:土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

このデザインソースに関連する場所


北杜市須玉町小尾金山
ページトップ