0359│杉の御坊

Top > Old Tale > 0359│杉の御坊

ソース場所:甲州市勝沼町等々力1289 万福寺

●ソース元 :・ 万福寺HPより  www.katsunuma.net/manpukuji/3/syoukai3.html          
●画像撮影  : 2015年10月27日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

親鸞聖人ゆかりの寺
源誓坊覚信上人住職の時、安貞二年(一二四四)親鸞上人この国に遊化し錫(僧侶の杖)を当寺 に留めたり。源誓信心帰依して弟子となり、是より真宗となれり。
この寺を杉坊というは親鸞聖人、遊化の日、斎飯(食事)終わりてその箸を地にさし、
「我が法必定末世に流布せんには、この杉箸に枝葉生ずべきにこそ」と誓われけるに、
不思議や、 その箸たちまちに芽を出せり。年ふるままに枝葉茂りて大木となり、太さ五抱えもありき。この 因縁によりて、杉坊とはいうなり。 寛延中、当寺炎上の時、その杉も焼け枯れたれば、焼け残りを掻き集め、一つの倉を作りてこれを収む。古えのおもかげを残すとの心を以て、存古堂と名づく。この堂、今も本堂の傍らにあり。
(甲斐名所図絵より)

万福寺hpより  www.katsunuma.net/manpukuji/3/syoukai3.html

このデザインソースに関連する場所


甲州市勝沼町等々力1289 万福寺
ページトップ