0317│七日子神社

Top > Old Tale > 0317│七日子神社

ソース場所:山梨市七日市場1068 七日子神社

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
●画像撮影  : 2015年09月11日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要(小児の足跡石)]

七日子神社の御影石に小児の足跡があり、産屋あけ参宮のとき、児を立たせてこれを踏ませれば、一生の寿福を全うするという。この社は昔、欽明天皇のお后御懐妊の時、天皇勅して甲斐国七日子の神を祭らしめ給い、その郷の貢を禁中に召され、御后御臨産の時右の貢米を御餞に炊き、これをすすめられると安らかに皇女を生ませられた。七日子の御粥の行事は、禁中の御吉例だといって今も行われるという。 (東山梨郡誌)

出典:土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

七日子神社御由緒
第二十九代欽明天皇(540)の御代、皇后堅塩媛命が御懐妊の御時に、天皇は勅命を以って甲斐国に七日子の神「祭神 木花開耶姫命 大山祗命 彦火火出見尊」を祀られ 御神田による貢米を宮中に召された。皇后 御臨産に当たり、貢米を御粥に炊いて差し上げると、いと安らかに皇女を御出産せられた。これは七日子の米粥の御得と思召され、御名を豊御食炊屋媛(とよみけかしみやひめ)尊と崇め奉った。この御方が後の第三十三代推古天皇である。
この時 摂政の聖徳太子は神慮を仰ぎ、奉幣を厚くされた。爾来 七日子の米粥の神事は、宮中の産養の吉例として行われたことが、平安期の長秋記・王海 等に記録されている。
康和五年(1103)宗仁天皇「後の第七十四代 鳥羽天皇」が御生まれになり、御七夜の産養の祝儀が行われた時、源俊頼が次の歌を祝詠したことが散木奇歌宗にある。
・    君が代は 七日子の粥 七がへり 祝子心に あえざらめやは
又、室町期には宗祗法師も次のように詠じている。
・    貢ぎせし その甲斐ありて 七日子の 今も絶えせぬ 神の瑞垣
足利末期(1570前後)には兵乱が続いたため、宮中の産養の神事は廃れたと言われているが、七日子の神は貢明神と崇敬され、安産の守り神として民間信仰の拠点となって、今日に至っている。
現在社殿の床下には巨大な磐座があり、その周辺は御砂が敷き詰められている。神前には安産の御砂箱が安置され、神域には陽根石、婦人の禁忌石、小児の寿福石等がある。
神社の周辺一帯は石器時代の住居跡が密集し、縄文時代より奈良期に至る文化遺物の伴出により、昭和二十四年、山梨県の七日子遺跡として史跡指定されている。

・         昭和五十六年十月吉日  七日子神社氏子中(境内説明板より)

このデザインソースに関連する場所


山梨市七日市場1068 七日子神社
ページトップ