0392│土録の蛭

Top > Old Tale > 0392│土録の蛭

ソース場所:南巨摩郡富士川町小室土録

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
       ・ 土橋里木(昭和51年)「甲州の伝説」甲州伝説散歩  ㈱角川書店を参考にしました。    
●画像撮影  : 2015年12月03日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

文永の頃、真言修験者 肥前阿闍利 恵朝 なるもの、東三十三カ国の頭領として小室山を営み、勢力があった。
文永十一年 日蓮(五十三歳)身延山へ上る途次この地を過ぎ、小室山の登り口 土録(ドロク)に来られた。路傍に左右一丈二尺、前後六尺、高さ七尺の大石あり、その上に坐して眺めると、丁度五月二十八日田植えの最中で、早乙女が手足に喰い入る蛭を殺すのを見て、日蓮は「一匹の虫を殺しても殺生の罪になる。余がこの虫害を除いてやろう」と祈り呪詛して蛭が人血を吸うことを封じた。目前にこの法徳を見た男女は日蓮を合掌礼拝して帰依渇仰した。

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会 より抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵朝これを聞いて大いに怒り、日蓮と仏法を論議しようとそこへ出てきた。ここでの法論合戦で恵朝は日蓮の法力が勝ることを認め、日蓮の弟子となり名を日傳と改めた、小室山も日蓮宗の寺に改宗した。
アーカイブ 0336 法論石 のきっかけになったお話しである。

別の資料によると、日傳と改める前の名を 善智 としている資料も有る。 (アーカイブ 0386 逆さ銀杏 参照。)
阿闍利となるまで修行した僧が改宗するというのは、なまなかなことではなく、「逆さ銀杏」の話によると、法論で負けた後、それを恨んで小室山の阿闍利(後に日傳を名乗る)は、日蓮を上沢寺に招き毒殺を企てる。法論の負けだけでなく、この企てまで失敗し我に返り、弟子となった。
僧侶なる人たちは、感情の揺らぎをおさえ、というようなイメージがあるが、宗教が今より身近にあり、力も強かった時代の僧侶達は、こんなにもドラマチックに生きていたようです。そういえば国内地方でも、地域の人たちを巻き込んでの寺同士の戦闘の話もありましたっけ。これはまた別のお話で。

このデザインソースに関連する場所


南巨摩郡富士川町小室土録
ページトップ