0536│雷の手形

Top > Old Tale > 0536│雷の手形

ソース場所:甲府市太田町5-16

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会             
●画像撮影  : 2015年05月29日
●データ公開 : 2016年04月01日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

中古の頃一蓮寺に勇猛剛力の住僧がいて、朝比奈和尚と云った。或時葬式があって和尚が引導に立った時、にわかに雷鳴烈しく暴風雨が起き、黒雲は堂中に舞い下り電光が眼を突いた。衆僧も施主も恐れおののく中に、和尚は尚も読経していると、大音とともに雷が龕(がん)の上に落ち、雲の中から鬼のような大手を出して和尚をつかみ去ろうとした。和尚も腕を伸ばして鬼の腕をつかみ、雲中より怪獣を引きおろして膝の下に敷いた。鬼は跳ね返そうとしたが、和尚の大力にはかなわぬ。その中に雲霧晴れて雨風もやみ、鬼は天に昇ろうとしたが雲もなく、泣いて命乞いをした。
和尚もはじめは怒って聞き入れなんだが、今後この寺や檀家にけっして落雷せぬならば許すというと、鬼は喜んでこれを誓った。和尚が、約束を違わぬために証文を書けというと、鬼は、書筆を学ばぬ故字は書けぬといって、掌(てのひら)に墨を塗り、側の長柄の傘に手形を押してようやく許してもらった。今も葬式のときはこの長柄の傘を用い、また六月虫干しの時参詣すれば見せてくれる。手の跡は猫の類で至極大きいという。 (裏見寒話)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

(残念ながら「雷の手形」は戦時中に焼失してしまったという)

 

このデザインソースに関連する場所


甲府市太田町5-16 一蓮寺
ページトップ