1131│鎧淵

Top > Old Tale > 1131│鎧淵

ソース場所:甲州市塩山藤木2438 放光寺 鎧淵は放光寺北側

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
       ・ 甲斐志料集成3(昭和7-10年)  甲斐志料刊行会 編   
●画像撮影  : 2013年11月11日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要]

鎧淵

中牧村小田野山の城主安田遠江守(*安田義定公)は、当時の鎌倉幕府執権北条氏から討手を差し向けられ、城を捨てて松里村放光寺へ逃れた。笛吹川の深淵に甲冑を沈め、身軽になって断崖をよじ登り、寺内に入って最期を遂げた。それからこの淵は鎧淵と呼ばれている。 (松のしらべ方言伝説号)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤木村  放光寺

恵林寺の隣寺、真言宗。 この寺は 安田遠江守義定 討死の古跡。本堂に「義定甲冑の像」を置いてある。義定 敗走してこの寺に入り自殺した。庭に「鎧の池」と言うのがある。義定 最期の時、「最早 鎧も不要」とこの池に投げ捨てたという。

「裏見寒話」  附録  山河・社閣・古跡  の項より

(裏見寒話とは、野田成方が甲府勤番士として在任していた享保九年~宝暦三年(1724-1753)までの30年間に見聞きしたり、調べた甲斐の国の地理、風俗、言い伝えなどをまとめたものです。只々聞いたものを記すだけでなく、良く考察されており、当時の様子や、一般の人達にとって常識だった歴史上の事柄を知ることが出来る。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「甲斐傳説集」では「、、安田遠江守は、当時の鎌倉幕府執権北条氏から討手を差し向けられ、、、」とあるが、同様な話が地元では「武田家滅亡後、甲斐に進出してきた徳川に抵抗した大村党の大村伊賀守のはなし」としても伝わる。
何年か前に、境内の水路跡から戦国時代のものとされる大きな甕が出土し、その中に人骨と短刀が埋葬されていて、上記の人物のものではないかと推測されている。

山梨県内中世寺院分布調査報告書 より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安田義定公は平安時代末期から鎌倉幕府の設立にかけて活躍した甲斐源氏の有力者。武田信玄公などに比べ、資料も少ないが、甲斐源氏の歴史の中でも、最も国の中枢に近かった。そして信玄も彼の事を尊敬し、彼の兵法や領地経営を参考にしていたふしがある。

このデザインソースに関連する場所


甲州市塩山藤木2438 放光寺
ページトップ