ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ABOUT

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVES」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、 産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。

ARCHIVES

ARCHIVES

VIEW RANKING

RANKING

GUIDE

物語

Old Tale

#1267

経塚

ソース場所:笛吹市一宮町国分 金川の森公園内 経塚古墳


●ソース元 :・ 土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
      ・ 山梨の文化財ガイド  https://www.pref.yamanashi.jp/gakujutu/maibun/yamanashinobunkazai_shiseki003.html  より
●画像撮影  : 201年月日
●データ公開 : 2017年11月01日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概要] 子供たちの元気に跳ね回る声が聞こえる金川の森公園の一角に経塚古墳が有る。昔、京を遠く離れ、この地で亡くなった一人の官人を葬り、以後、この地を訪れた官人は必ず一石に一字を書いて供養したと云われる。

経塚
面積凡そ十坪、すでに開墾されたが、下に十個ばかりの石を円形に置き、その中に文字を書いた小石を重ね、その上に砂土を覆ってあったという。昔一官人が死んでここに葬り、以後通過する官人は必ず一石に一字を書いて供養したもので、今も、水の字と仏の字とを書いた小石二個を田村某が所蔵するという。甲斐国志には京塚とあるが、経塚のほうが正しい由。 (東山梨郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経塚古墳

きょうづかこふん / 平成6年11月7日指定 / 笛吹市一宮町国分字経塚 / 山梨県

甲府盆地東部を流れる笛吹川の支流である金川の右岸にある古墳時代後期(7世紀前半)に築造されたと考えられる八角形墳。墳丘の直径は約12.5m、高さ約2.2mで、横穴式石室は全長6.6m、最大幅1.76mである。現在は県立森林公園「金川の森」の中に復元整備され公開されている。

(山梨の文化財ガイドより
https://www.pref.yamanashi.jp/gakujutu/maibun/yamanashinobunkazai_shiseki003.html )

このデザインソースに関連する場所

笛吹市一宮町国分 経塚古墳

Old Tale
Archives

物語

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVE」は、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、産業上で使用することのできるデザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクトです。