1574│藤垈の滝(藤垈の滝  笛吹市境川町藤垈)

Top > Old Tale > 1574│藤垈の滝(藤垈の滝  笛吹市境川町藤垈)

ソース場所:藤垈の滝 大窪いやしの杜公園 笛吹市境川町大窪597-1外

●ソース元 :・ 甲斐志料集成3(昭和7-10年)  甲斐志料刊行会 編   
●画像撮影  : 年月日
●データ公開 : 2020年10月15日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概要]

藤垈
府より三里。これは温泉でなく滝である。上に石の不動があり、ここで頭に水を受ければ、生涯 頭痛にならないという。山のかげで常に寒く、日ざしもうすい。水がとても冷たい。滝の下の石まで行き、そこに腰掛けて滝行する。少しでも眼に入れば眼が見えなくなると云う。
六月の炎天下でも、人多くて、綿入れを着てその寒さをしのぐと云う。
私はこの事を滝野爲伯守医から聞くと。「藤垈の滝行なんて、朝から晩まで農作業出来るような体力のある人がする事です。頭痛を治せる理屈なんて無い。かえって暑中に冷水を浴びて、風邪を引いたり、腹病みする者が間々あるのです。」

(「裏見寒話」巻之三 温泉並びに鉱泉 の項より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            「裏見寒話」

「裏見寒話」とは、野田成方が甲府勤番士として在任していた享保九年~宝暦三年(1724-1753)までの30年間に見聞きしたり、調べた甲斐の国の地理、風俗、言い伝えなどをまとめたものです。只々聞いたものを記すだけでなく、言い伝えられている某氏の名前を古い書物から探し出したり、例えば鳥の羽が夜光ることを、不思議な話だと記すだけではなく、闇夜に猫の毛を逆立てると火花が散るがこういった現象ではないだろうか?と考察している。当時の様子や、一般の人達にとって常識だった歴史上の事柄(歌舞伎や浄瑠璃などで演じられ、当時の庶民に良く知られていいた)を知ることが出来る。

このデザインソースに関連する場所


藤垈の滝 大窪いやしの杜公園 笛吹市境川町大窪597-1外
ページトップ