0505│箸檜

Top > Old Tale > 0505│箸檜

ソース場所:市川三郷町山保3470 四尾連湖子安神社

●ソース元 :・ 土橋里木(昭和51年)「甲州の伝説」甲州伝説散歩 ㈱角川書店   
●画像撮影  : 2015年10月16日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

[概 要]

箸檜

四尾蓮湖畔の子安神社の境内に、高さ三丈もある神代檜が二本ある。源頼朝が富士の巻狩りの時、この辺を遊猟して昼食の際、檜の生枝を折って箸の代用とされたが、それを地面に刺して去ったのが、後に成長してこの二本の檜になったという。   (西八代郡誌)

土橋里木(昭和28年)「甲斐傳説集」山梨民俗の会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
四尾連のリョウメンヒノキ(しびれのりょうめんひのき)
山梨県指定天然記念物(1980年9月18日指定)

湖畔からほど近い森の中には、安産祈願の古社・子安神社がある。浅間神社の祭神でもある木花咲耶姫が、四尾連湖にて子供を産んだといわれる安産の神社だ。
その境内には、源頼朝の挿した箸が根付いたとされるヒノキがそびえ立ち、その名もリョウメンヒノキと呼ばれている。老若二株の大木で、老樹の規模は高地面で根廻り7.5m、1.1mでの幹囲6.3m、樹高28mに達し、ヒノキを含めても県下一の巨樹である。若木の規模は高地面で根廻り6.6m、目通り幹囲4.6m、樹高27mである。

このデザインソースに関連する場所


市川三郷町山保 子安神社
ページトップ