0587│「花水八景」

Top > Old Tale > 0587│「花水八景」

ソース場所:県道606号 台ヶ原長坂線沿い

●ソース元 :・ 長坂町教育委員会(平成12年)「長坂のむかし話」 長坂町役場 
●画像撮影  : 2016年01月07日
●データ公開 : 2016年06月24日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

[概 要]

「花水八景」     (日野区)

いつのことか、「富士見三景」の一つに花水坂があげられてから、日野の里人たちは「山水の富士の花水坂」にあやかって花水八景を選んだという。
・休み平(やすまんていら)
日本武尊が東夷征伐の折、駿河(静岡)より甲斐に入り信濃(長野)に行く途中この地を通り、東西に釜無川、七里岩前に富士の霊峰を眺められ、余りの絶景にしばらく足をとめこれを賞賛した。風致にちなんで花水坂と命名せられたという。
里人ここを休み平といい。また日本武尊の徳を思慕し祠を建て御嶽神社として奉祀した。

・自然石
花見坂の中ほどに、大きな自然石がある。ここに往古の熊野神社の一の鳥居があったという。里人は鳥居石ともいう。

・富士見石
御嶽神社の東方に巨大な石があり、上は平坦で畳二帖ほどもあり、富士を眺望する絶好の所であるという。

・縛り石
花水坂の路辺に3、4尺四方の石があり、昔通行人が駒の手綱を結び、四方の景観を眺めたといい、別名を駒留め石ともいう。

・矢竹八幡

日本武尊が東夷征伐の折り、里人が竹を矢竹として献じ、以後矢柄竹といい、竹林に日本武尊を祀り矢竹八幡という。

・勾欄(こうらん)の橋
花水坂の中腹に小川が流れ、谷が深く、木竹奇岩風致に富み、流水銀蛇の景を飾る。
ここお茶壷道中の折りは、御林より材木を受けて見事な勾欄のついた板橋を架けていた。里人は柱松の欄干橋と呼ぴ、今も名が残っている。

・柱松
欄干橋の西方の高台に、昔巨大な一老松があった。遠くから眺めると一軒の家のようで、その幹は見事な柱のようだつた。人々はこれを柱松と呼び、今も地名として残っている。

・里宮と山宮
古い昔、御嶽神社を里宮と呼ぴ、熊野神社を山宮といっていた。それ故にか、熊野神社の鳥居は西方の里宮に向けて建てられている。
(朝日竹夫)

長坂町教育委員会(平成12年)「長坂のむかし話」 長坂町役場

このデザインソースに関連する場所


ページトップ