1544│金掘り人夫のお奉行様

Top > Old Tale > 1544│金掘り人夫のお奉行様

ソース場所:早川町保

●ソース元 :・ 「早川のいいつたえ」第四集  著者:三井啓心  出版社:㈱上田印刷  
●画像撮影  : 年月日
●データ公開 : 2020年08月19日
●提供データ : テキストデータ、JPEG
●データ利用 : なし
●その他   : デザインソースの利用に際しては許諾が必要になります。

 

保[ホウ]のいいつたえ
『金掘り人夫のお奉行様』

保の集落は、武田信玄の時代より、金掘りで栄えました。質の良い金鉱で、雨畑金山と共に知られていますが、甲斐国志にも、芳山[ホウヤマ]、とか、保山[ホウヤマ]として、記録があります。
天保十二年のはじめ、この山に平兵衛という人夫が、働きに来ました。仕事が熱心で、仲間ともよく折り合い、短い期間に仕事をおぼえました。また、村の慣習にも慣れ、名主の家に出入りして、そこの小さい息子をかわいがりました。
この時代は平和で、武士は、手柄が立てられないから、生活が苦しく、ほかに才能を持つ人は、武士の株を売り、転職したり、また、百姓、町人でも、株を得て武士になれる者もいました。塩山市中萩原の、藤助もそのひとりで、二十七才で江戸に出て、武家の小者になり、三十二才で、武士の端くれから、石和の代官の手代に出世、三十八才で、幕府直参、真下家の家禄を受けました。四十三才の、天保十二年のはじめ、金山奉行として、保金山に着任を命ぜられました。
名も専之丞[センノジョウ]と名乗っていましたが、金山の知識は全然ありません。そこで、着任までの六ヶ月間に、仕事をおぼえてしまおうと、人夫になって入って来たというわけです。短い期間に仕事の裏までおぼえ、姿を消して専之丞は、今度は、金山奉行として、供揃えもいかめしく保の役宅に入りました。
ひれ伏す村役人や、金山関係の役人は、つい先ごろまで、人夫だった平兵衛と気づいた者はひとりもいませんでした。ところが、数日たって、名主の家をおとづれた専之丞に、名主の息子が、「おじい」といって飛びつきました。子どもの目には、位も服装も関係ありません。かわいがってくれた人、平兵衛の姿を見た喜びだけでした。事実がわかった村の人びとの驚きは、やがて尊敬に変わりました。
困ったのは、人夫たちで、金粒のくすね方まで、仲間として教えていたので、あわてました。専之丞の顕彰碑は、しだれ桜で名高い、塩山市の慈雲寺にあります。

★  こまっこい[こまかい]ことは、塩山市の「真下晩菘会[マシタバンスイカイ]」に聞いちゃあ[聞きなさいよ]

このデザインソースに関連する場所


慈雲寺 甲州市塩山中萩原352
ページトップ